PSHOMEの思い出

一時期PSHOMEにはまっていました。もともとオンラインで人と接したことがなかったのですが、長年プレイしているファイナルファンタジーシリーズの14がでるということで、練習がてらオンラインの世界に入ったのがきっかけです。

夏ということもあり、外に出るには熱中症の危険性があったので毎日休みの日や仕事から帰ってすぐ開始し、夜遅くに寝るという生活でした。

フレンドもたくさん出来、外にでなくても人と接することができるというのがとても魅力的でした。基本的には無料でプレイすることのできるゲームではありますが、のめりこめばのめりこむほど新しいアイテムが欲しくなったりして1万円ほど課金しました。

いろいろなシチュエーションがあるので、景色がきれいな場所だったり幻想的なところであったりしてとても楽しかったです。

段々とインするフレンドが減ってしまい、マンネリ化して半年くらいで熱は冷めましたが、その後も暇なときは遊んでいました。

今はなくなってしまい、とても残念です。このゲームでオンラインの世界のいろはを学ぶことが出来、普段接することがない、いろいろな人の話を聞けたので、またPS4でも同じようなものを導入して欲しいです。

オンラインとはいえ、この世界にも様々な人間関係がある事が知れたのでまたやりたいです。